スペルカード元ネタ&考察まとめ 〜風神録以降〜

目次

静葉 / 穣子 / / / にとり / / 早苗 / 神奈子 / 諏訪子 / 衣玖 / 天子 / キスメ / ヤマメ / パルスィ / 勇儀 / さとり / お燐 / / こいし / ナズーリン / 小傘 / 一輪&雲山 / ムラサ / / 白蓮 / ぬえ


秋 静葉

難易度Hard以上でスペルカード攻撃をしてくる。
秋の植物現象の一つ『落葉』をモチーフとしている。

葉符「狂いの落葉」 …風
 落ち葉を模した小粒弾のばら撒き。
 『狂い咲き』などと言う表現があるように、大量の落葉も狂った様に″~りしきる。


秋 穣子

秋の植物現象のもう一つ『結実』、つまり『実り』をモチーフとしている。
自身が穀物神であることから、他の穀物神の名を冠したものもある。

秋符「オータムスカイ」  "Autumn Sky" …風
 直訳すると【秋の空】。
 空が高く見えたり、変わり易い天気だったりする。
 後者は上位スペルのネタへ繋がる。

秋符「秋の空と乙女の心」 …風
 ことわざの「女心と秋の空」が元。
 「女心は秋の空のように変わり易い」という意味だが、「男心と秋の空」という場合もある。
 ……結局、人の心は誰であろうと変わり易いものなのだろう。

豊符「オヲトシハーベスター」  "Owotoshi Harvester"  …風
 『大年神【おおとしのかみ】』が元。
 『歳徳神』や『恵方様』とも呼ばれる日本神道の穀物神で、お正月に家々を訪問するとされる。
 harvesterは【収穫者】の意。
 その弾幕形状は、黄色いレーザーと小粒弾とで収穫した稲に見立てており、美しい。

豊作「穀物神の約束」 …風
 下位スペルのネタより、ここでの穀物神とは『大年神』様のことだろう。
 曲名にある『稲田姫(クシナダヒメ)』様でも問題ない。
 ……と言うか穣子自身、人間の里の収穫祭に呼ばれる様な穀物神である。
 約束とは、キャラ設定にもある通り、豊作への約束の事だろう。


鍵山 雛

厄を受けるという性質から、不運や縁起の悪いものなどのダークなものが多い。
キャラドット絵は、オーラの如き厄を纏いながらくるくる回転しているが、
これは“人形っぽさ”“非生物っぽさ”を表現するための動きだという。

厄符「バッドフォーチュン」  "Bad Fortune" …風
 直訳で【悪い運勢】、つまり「不運」や「不幸」。

厄符「厄神様のバイオリズム」  "Biorhythm of the Apotropaic God" …風
 『厄神』とは人間に厄災を与える神の事。
 本来は忌避すべき神様なのだが、日本宗教では
厄神を祀り上げる事で代わりに厄災から守ってもらう
 という逆転の発想を実行し、その例は数多い。
 厄を操る神様なのだから、厄を与える事も、逆に厄を払う事も出来ると言う訳だ。
 また、『バイオリズム』とは
 生命体の生理状態、感情、知性などは周期的パターンに沿って変化するという仮説の事。
 周期的に村々や家々を周回する崇り神などの行役神の事を指しているのだろうか?
 もしくは、雛のくるくる回る様か……。

疵符「ブロークンアミュレット」  "Broken Amulet" …風
疵痕「壊されたお守り」 …風
 直訳で【壊されたお守り】となり、上位スペルと同名となる。
 雛の周囲に幾何学的に展開された弾幕をアミュレットに見立てて
 それがバラバラになって散る様子を壊された≠ニ見立てたのか。
 縁起が悪そうである。

悪霊「ミスフォーチュンズホイール」  "Misfortune's Wheel" …風
 タロットカードの大アルカナの一枚『ホイール・オブ・フォーチュン【運命の輪】』が元。
 ただしmisfortune【悪い運命】より、直訳で「不運の輪」か。

悲運「大鐘婆の火」  …風
 『大鐘婆の火』とは、遠江国(静岡県)横須賀で言う怪火。
 とある富豪の家の最後の一人となった老婆が、その死後鬼火と化し
 他の家に取られた自分の田畑の上を漂うというもの。
 老婆にとっては悲運だろう。

創符「ペインフロー」  "Pain Flow" …風
 『創』は【きず】と読む。
 直訳で【痛みの流れ】だが、painには【刑罰】の意味もあるらしいので
 『流罪』を意味しているのだろうか。

創符「流刑人形」 …風
 『流刑』とは刑罰の一種で、追放刑の事。『流罪』とも
 『流刑【りゅうけい・るけい】』は昔【ながすつみ】と言ったらしく、
 これを罪→穢れ≠ニ見て
 人の穢れを受けて流される流し雛の人形と掛けたものか。


犬走 椛


河城 にとり

キーワードは『水』『河童』『エンジニア』。
スペルカードは自作武器(兵器)による攻撃という体裁を取っている。
ときどき縦回転をする。

光学「オプティカルカモフラージュ」  "Optical Camouflage" …風
 直訳で【光学迷彩】。
 このスペルの後のにとりのセリフにも「光学迷彩スーツ」とある。
 SFなどによく登場する空想科学技術で、日本では『攻殻機動隊』のものが有名。
 また、河童と光学迷彩を結びつける要素は
 彼女の曲の元ネタでもある芥川龍之介作『河童』である。
 この中で、河童はカメレオンの様に背景と同色に皮膚色を変化させる事ができる。
 他にも、SF洋画『プレデター』の影響もあるという説も。
 キャラドット絵は確かに見え難くなってはいるが、如何せん攻撃が目立ち過ぎである。

光学「ハイドロカモフラージュ」  "Hydro Camouflage" …風
 hydro-【水の-】の意より、【水迷彩】の意。
 それなのに、符名は光学。
 水の反射や屈折率などを応用した水利用光学迷彩≠ネのかもしれない。
 そして、やっぱり隠れてられていない。

洪水「ウーズフラッディング」  "Ooze Flooding" …風
 ooze【漏れる】 flooding【洪水】の意か、
 ooze【軟泥・沼地】 flooding【洪水】の意か。
 どちらにしろ、それほど豪快な洪水では無い様に思われる。

洪水「デリューヴィアルメア」  "Deluvial Mare" …風
 deluvial【ノアの洪水の】 mare【海】の意で、
 直訳だと【ノアの洪水でできた海】か。
 洪水神話は世界各地に伝播しているが、これが世界で最も有名な洪水だろう。

漂溺「光り輝く水底のトラウマ」 …風
 符名とスペル名とを合わせて考えると、
 水中で溺れた時に見た光り輝く水底の様子がトラウマになった
 という意味合いか。
 確かに、澄んだ水中から見た水面、そして水面のうねりが映った水底
 をイメージした弾幕形状だと判る。
 この美しい模様も、溺れた者にとってはトラウマになる程の恐怖なのだろう。

水符「河童のポロロッカ」  "Kappa's Pororoca" …風
 『ポロロッカ』とは、南米はアマゾン川で起こる川の水の逆流現象。つまり海嘯。
 海の潮汐に由来する現象である。
 水が押し寄せる様を模した弾幕形状である。

水符「河童のフラッシュフラッド」  "Kappa's Flash Flood" …風
 『flash flood』とは、鉄砲水の事。
 河川での急激な出水、増水の事。

水符「河童の幻想大瀑布」 …風
 『瀑布』とは滝の別称。

河童「お化けキューカンバー」  "Monster Cucumber" …風
 直訳で【お化けキュウリ】。
 普通の大きさよりも飛び抜けて巨大な物などを「お化け○○」と呼ぶが、
 これは巨大なキュウリなのだろうか。
 緑色のレーザーをキュウリに見立てている弾幕形状であろう。
 キュウリは河童の好物とされている物である。

河童「のびーるアーム」 …風
 河童の両腕は体内で繋がっており、例えば右腕を伸ばすと左腕が引っ込むらしい。
 河童の正体は川に流した藁人形が化けたものだとする話があり、
 藁人形の様に両腕が繋がっているのだという。
 下位スペルではキュウリに見立てられていた緑色のレーザーを今度は伸びた腕に見立てている。

河童「スピン・ザ・セファリックプレート」  "Spin the Cephalic Plate" …風
 直訳で【頭の皿の回転】か。
 河童の頭頂には皿があり、これが乾くと死んだりするらしい。
 にとりの帽子の下には……やっぱり……orz
 緑色の回転星弾を皿に見立てているのか。
 某氏はキュウリの輪切りに見える≠ニ仰っていた。


射命丸 文

キーワードは『風』『サルタビコ』。
サルタビコは天狗の原型ともされている神である。
よって、妖怪としての天狗と言うより、崇拝の対象としての天狗の雰囲気が強い。
通常弾幕はリング状に連ねた弾を発する。

風符「風神一扇」  …花
 彼女は手に楓の扇を持っているが、それを芭蕉扇の様にして風を発しているのか。
 その弾幕形状は、『東方夢時空』での北白河ちゆりの攻撃そのものである。

疾風「風神少女」  …花
 彼女を指しているのだろう。
 神奈子のことではない。念のため。

岐符「天の八衢」 …風
 【あめのやちまた】と読む。
 日本神話の天孫降臨の際に、国津神『サルタビコ』が天津神を案内しようと待っていた
 場所の地名が『天八衢』である。
 天下りの道が八方に分かれる分岐点≠フ意。

岐符「サルタクロス」  "Saruta Cross" …風
 下位スペルと同様、『サルタビコ』神が元。
 天孫降臨の際に天津神々を地上まで案内した神である。
 背が高く鼻も高く、天から地までを光照らしていたとされ、
 その外見から、天狗のイメージの原型とされている。
 道案内の神と言う事から『道祖神』の神とされており、
 道祖神は別名『岐神【ふなとのかみ】』や『塞の神【さいのかみ】』などと呼ばれる。
 また、スペカ名は『サンタクロース』を捩っているのだろうか。
 crossを【十字路】の意味に取ると、道の神であるサルタビコに掛かっている事が判る。

風神「風神木の葉隠れ」  "Wind God Hidden Among Tree Leaves" …風
 『木の葉隠れ』とは、俗に忍法の一つ≠ニ広く認知されている名称。
 文の場合、風でもって木の葉を舞わせ姿を隠すのだろう。
 『木葉天狗』と呼ばれる天狗もいるようで、別名『木っ端天狗』や『白狼』とも言い、
 中ボスの『犬走 椛』はこちらが元ネタか。

風神「天狗颪」 …風
 【てんぐおろし】と読む。
 『颪』とは、山から吹き降ろす風の事。
 天狗が起こした風だとされる現象は山間部に多い。

風神「二百十日」 …風
 【にひゃくとおか】と読み、雑節の一つで立春から数えて210日目のこと。
 台風の得意日≠フ一つとされている。

「幻想風靡」 …風、緋
 『一世風靡』の捩りか。
 『風靡』とは、風が草木を靡かせる【なびかせる】様の事だという。
 幻想郷屈指の俊足の名に違わない動きをする。

「無双風神」 …風
 『無双』とは、並ぶものが無い、の意。

塞符「山神渡御」 …風
 『渡御【とぎょ】』とは、祭りの神輿が神社を出て周る事。
 つまり意味としては山の神様の御神輿が神社を出て周る℃魔ニなる。
 これは祭りにおいて、サルタビコ神に扮した者が神輿を先導する、というパターンがあり
 そこから繋がったものなのか。
 また、『山神』とは天狗の事を指しているのか。
 『塞』は、道祖神の別名『塞の神』から。

塞符「天孫降臨」 …風
 日本神話において、天孫ホノニニギと天津神の一行が高天原から葦原中国へ天下る事。
 それまで葦原中国を治めていた国津神達に代わり天津神が治めるようになる。
 サルタビコが先導した事は既述した。

塞符「天上天下の照國」 …風
 サルタビコの特徴の一つである天から地までを光照らす@l子を示したものか。
 または、『ニギハヤヒ』神(別名『天照國照彦天火明尊』)の事だとする説。

突風「猿田彦の先導」 …緋
 例によって、サルタビコ神が元。
 天孫降臨の際に天津神々を地上まで案内した神である事から。

旋符「飄妖扇」 …緋
 『飄【ひょう】』はつむじ風の意。
 直訳で【つむじ風を起こす妖怪の扇】の意か。

旋符「紅葉扇風」 …緋

旋風「鳥居つむじ風」 …緋
 『鳥居つむじ』とは、『二つつむじ』、つまり頭につむじが二つある事を言う用語。
 『鳥居つむじ』と『つむじ風』を掛け合わせた命名。
 竜巻が二つ発生するという弾幕パターンもこのため。

魔獣「鎌鼬ベーリング」 …緋
 『鎌鼬【かまいたち】』とは、妖怪の一種。
 つむじ風と共に現れ、その鎌の様な鋭い爪で人間の皮膚などを切り裂くとされる。
 空気中にできた真空によって起こる現象……という説があり
 そのことから彼女の技の名称に使われたのだろうが、
 実際には乾燥した肌が何かの拍子に裂けるという生理現象だとする説が有力らしい。
 鎌鼬も幻想郷入りしたのである。

風符「天狗道の開風」 …緋

逆風「人間禁制の道」 …緋
 『妖怪の山』の設定からの命名か。
 排他的である山の妖怪達は基本的に、異邦人(妖怪)を山に入れない。
 人間なんてもっての他であろう。
 そもそも山岳信仰では山を霊場や修行場、聖地と見なしているため
 許可の降りた者以外の入山を禁止している例は多い。
 逆風とは、人間を追い返している事を示す。

竜巻「天孫降臨の道しるべ」 …緋
 例によって、サルタビコ神が元。
 天孫降臨の際に天津神々を地上まで案内した神である事から。
 ちなみに、サルタビコ神が風を操ったという記述は記紀にはない。


東風谷 早苗

早苗自身の元ネタである諏訪大社神長官『守矢』家や
神の力を借りて奇跡を起こす『現人神』としてのネタが多い。
陰陽道などでの星辰信仰をイメージした弾を星型に連ねた弾幕が特徴。

秘術「グレイソーマタージ」  "Gray Thaumaturgy" …風
 Gray【古代】の Thaumaturgy【魔術・魔術師】か。

秘術「忘却の祭儀」 …風
 早苗の元ネタである諏訪大社筆頭神官『守矢』家の『神長官』に
 口伝えにより一子相伝で語り継がれてきたもの。
 それは家系の系譜から祭儀の秘術に至るまで大変重要なものであったのだが、
 明治5年の『世襲神官制度の廃止』によりその内容は永久に失われる事になった。
 まさに、幻想となってしまったのだ。

秘術「一子相伝の弾幕」 …風
 下位スペルの項で既述した祭儀の内の一つ、という設定か。
 ……って、弾幕は外の世界でも伝わっていたのだろうか?

奇跡「白昼の客星」 …風
奇跡「客星の明るい夜」 …風
奇跡「客星の明るすぎる夜」 …風
 『客星』とは、決まった動きをしないとされた星の事。
 太陽・月・惑星・流星・超新星などを含む。
 当然昔の占星術において重要な意味を持っていた。
 『奇跡』とは、客星を出す事だろうか?
 それとも客星により占う事が『奇跡』なのだろうか?

開海「海が割れる日」  …風
 諏訪湖の『御神渡り』の事だとする説。(※神奈子のスペルを参照)
 もしくは、上位スペルと同じネタ。
 両方を掛けたネタとも考えられる。

開海「モーゼの奇跡」 …風
 『旧約聖書』の『出エジプト記』に登場する預言者。
 神に語りかけられ預言者となり、イスラエル人と共にエジプトを脱出、
 海を前に追っ手のエジプト軍に追いつかれそうになると、神に授かった杖を振った。
 すると風により海の水が分断され道が出来、彼らは海を突破することが出来た。
 ……と書かれている。
 神の御力によって奇跡を起こす≠ニいう最も有名な例か。
 ただし一神教であるユダヤ・キリスト・イスラム教の話なので、『現人神』という対象では無い。

準備「神風を喚ぶ星の儀式」 …風
 次のスペルである『奇跡「神の風」』を発動させる為の儀式、という体裁のスペル。
 『星の儀式』とは、中国の道教や日本の陰陽道などにおける『星辰信仰』に基づく祭祀か。

準備「サモンタケミナカタ」 "Takeminakata Invocation" …風
 タケミナカタの summon【召喚】、の意。
 『タケミナカタ』とは日本神話の国津神の一柱で、諏訪大社の祭神の一柱。
 葦原中国を天津神による統治下に置きたいと考えたアマテラス神は使者を葦原中国へ数度派遣した。
 しかし葦原中国の出雲の統治者である国津神オオクニヌシの所為もあって
 なかなか交渉には至らない。
 そこでアマテラスは軍神タケミカズチを軍事使節としてオオクニヌシの元へ派遣、
 脅しによる統治権譲渡を迫った。
 このタケミカズチ神に最後まで抵抗したのがタケミナカタ神であるのだが、結果は惨敗。
 しかも逃げた末に長野県は諏訪湖にまで追い詰められ、
 「この地を一歩も出ないからもう許してくれ。」と懇願したという経緯を持つ。
 しかしこの神話は天皇家を中心とする律令制国家の成立の過程で、政治的な理由のために、
 後から作り上げられたものであるとする説がほぼ確定している。
 東方の設定においても、タケミナカタ神は神奈子の諏訪支配のために作られた
 名前だけの存在であると思われる。

奇跡「神の風」 …風
 日本が外国の侵略を受けた際に日本を守る為に神が吹かすとされる風。
 歴史的には、元寇の際に吹いた風(実際は台風)や
 太平洋戦争の際に日本軍が編成した『神風特別攻撃隊』が有名。
 風の神である神奈子に祈願し起こした風、という設定だろう。

大奇跡「八坂の神風」 …風
 早苗の祀る神奈子の…元を正せば諏訪子の神徳の一つ。
 『諏訪大明神』として武神と崇められていた事もあり、
 カミカゼによる応戦はお手の物か?

秘法「九字刺し」 …地
 『九字』とは、中国道教に伝わる9つの漢字
 『臨 兵 闘 者 皆 陣 列 在 前』のこと。
 これを唱え、手で印を結ぶか、刀印を切る(九字を切る)ことで護身の加護があるという。
 日本では仏教や陰陽道、修験道などでも見られる。
 九字を“切る”のではなく“刺す”のはユニークな発想だ。
 また「串刺し」と「九字刺し」を掛けているのだろう。
 弾幕形状は、九字切りの軌跡を描くような格子状のレーザーが発射される。
 確かに、相手を刺すかのような攻撃だ。

奇跡「ミラクルフルーツ」 …地
 西アフリカ原産の果実。
 果実を食しても甘くはないのだが、含まれる成分が舌の味覚器官に影響を与え
 次に食べた物を甘く感じさせるという。
 なんとも不思議な果物だ。
 イッツ ミラクル。
 弾幕形状は、フランドールの『禁忌「フォビドゥンフルーツ」』と同様に
 赤い円状の弾幕を果実に模したもの。

神徳「五穀豊穣ライスシャワー」 …地
 『ライスシャワー』とは、キリスト教式結婚式において行われる風習の一つ。
 新郎新婦へ祝福の意味を込めて、米を撒く。
 これは、米が象徴する豊穣の意味を、子孫繁栄の意味に変えてそれを願う為。
 つまり五穀豊穣の儀式でライスシャワーしても不思議ではない……
 と思う。
 五穀に見立て、5WAY奇数弾幕が展開される。


八坂 神奈子

『諏訪大社』をモデルにした守矢の神社の祭神であることから、
諏訪大社の神事や名所を元ネタとするものが大半である。
途中で色鮮やかに光り出したり、4本の御柱とドッキングしたりと
色々な意味で神掛かった演出を見せる。

神祭「エクスパンデッド・オンバシラ」  "Expanded Onbashira" …風
 Expanded【広がった・伸びた】御柱【おんばしら】の意。
 『御柱』とは諏訪大社の神事の一つである『式年造営御柱大祭』で用いられる木柱の事。
 山からモミの大木を切り出し、一つの宮に4本ずつ立てられ、神木として祀られる。
 大和政権支配以前の土着信仰の祭りと考えられており、
 実際の歴史は縄文時代にまで遡ると言われる。
 それ故もはやこの御柱が何を意味しているのか諏訪大社側も把握できていないらしい。
 その弾幕形状は、赤レーザーを御柱に模したもの。

奇祭「目処梃子乱舞」 …風
 『目処梃子【メドテコ】』とは、諏訪大社御柱祭の際に用いられる梯子【はしご】の事。
 木柱に縄梯子を取り付けたもので、
 山から切り出した御柱の前後に2本ずつ、それぞれV字形に取り付ける。
 御柱を運び出したり、梶を取る為の物で、
 梯子に登った氏子と地上にいる氏子とで縄を使いバランスを取る。

筒粥「神の粥」 …風
 諏訪大社の神事の一つである『筒粥神事』の事。
 下社春宮で米と小豆と葦の筒を大釜に入れて一晩中粥を炊き、
 翌日未明に筒を割り中の粥の状態で豊凶を占う。
 現在は計44種の筒粥を用いる。
 その弾幕形状はシンプルなのだが、弾の当たり判定が弾のエフェクト全体という驚異の弾幕。

忘殻「アンリメンバードクロップ」  "Unremembered Crop" …風
 unremembered【忘れられた】 crop【収穫物】の意。
 現在諏訪大社で『筒粥神事』が行われているのは下社のみであり、
 上社の『筒粥神事』は文政二年(1819年)頃に廃れてしまい
 今は跡が残るのみである。

神殻「ディバイニングクロップ」  "Divining Crop" …風
 divining【予言する】 crop【収穫物】の意。
 穀物を用いた粥により占いをする『筒粥神事』の事を指しているのか。

贄符「御射山御狩神事」 …風
 諏訪大社の神事の一つである『御射山【みさやま】御狩神事』の事。
 御頭祭の時に神に捧げる牡鹿を射る神事である。
 また、武芸を披露し、狩りを行い獲物を神へ捧げるという武神の祭でもある。
 場所は霧ヶ峰周辺(下社御射山神社)と諏訪郡富士見町(上社御射山神社)がある。
 なお、現在の祭は豊穣祈願と厄除健勝祈願がメインであるとのこと。
 その弾幕形状は、狩神事らしく大量のナイフ弾が狙ってくる。

神秘「葛井の清水」 …風
 諏訪市に隣接する茅野市に鎮座している『葛井神社』にある『葛井の清池』の事。
 葛井神社は諏訪大社と縁の深い神社で、この清池自体を御神体として祀っている。
 大晦日に行われる『御手倉送り神事』では
 その年に使われた幣帛や榊などをこの池に投げ込むのだが、
 これらは翌日元旦に、遠州(静岡県)の『サナギの池』に浮かび上がってくる、と謂われている。

神秘「ヤマトトーラス」  "Yamato Torus" …風
 大和【やまと】のtorus【大玉縁・花托・円環面】の意か。
 神社にある『茅の輪』の事であるという説。
 『グリモワール・オブ・マリサ』を読むに、結界系スペルであるらしいが
 諏訪関係と繋がる要素が見つからない。

天流「お天水の奇跡」 …風
天竜「雨の源泉」 …風
 諏訪大社上社の『天流水舎』に伝わる『宝殿の天滴』の事。
 どんなに晴れた日でも屋根の上の穴から雫が3滴は落ち、
 この下にある井戸に溜まるのだという。
 この水は雨乞いに効果があるとされる。
 また、ここが天竜川の水源だと謂われている。
 その弾幕形状は、川が流れている様子を表していると思われる。

「マウンテン・オブ・フェイス」 "Mountain of Faith" …風
 直訳で【信仰の山】となる。
 古い宗教形式を色濃く残す諏訪大社では自然物を御神体として祀っており、
 上社本宮の御神体は『守屋山』そのものである。
 また、弾幕形状は5枚の花弁を持つ花の様に見えるが、
 これは諏訪大社の神紋である『梶の葉』を模していると思われる。

「風神様の神徳」 …風
 ちなみに、神奈子の神徳はタケミナカタ神とほぼ同じである(設定を考えれば当たり前か)。

神符「水眼の如き美しき源泉」 …風
 諏訪大社上社前宮に流れる『水眼【すいが】の清流』の事か。
 御手洗川の源流であり、神事の前に心身を清める神水だと謂われる。

神符「杉で結ぶ古き縁」 …風
 諏訪大社下社春宮にある神木『結びの杉』の事。
 この杉の木は先が大きく二又に分かれているのだが、根元で一つになっている事から
 縁結びの杉、と謂われている。

神符「神が歩かれた御神渡り」 …風
 『御神渡【おみわたり】』とは、冬季の諏訪湖で見られる湖面の氷の盛り上がり現象。
 凍った湖面の氷が膨張することにより、山脈の様に一直線に氷が盛り上がる。
 諏訪大社上社のタケミナカタ神が下社のヤサカトメ女神の元へ行く時に通った跡だと謂われ、
 諏訪大社の縣社・八剱神社の宮司による『御渡神事』が執り行われる。
 その弾幕形状も実に御神渡りに似ていて、流石と感じる。


洩矢 諏訪子

諏訪地方に古くから伝わる『ミシャグジ信仰』の『洩矢神』が元ネタである事から、
諏訪大社の神事や神話を元ネタとするものが大半である。
諏訪子自身は蛙をモチーフとしており、
その姿形から背景・エフェクト・弾幕に至るまで蛙尽くしである。

開宴「二拝二拍一拝」 …風
 弾幕祭りの開宴。
 『二拝二拍一拝』とは、神社に参拝する時に両手を打ち合わせる『拍手【かしわで】』の作法。
 二回お辞儀した後、二回拍手を打ち、その後もう一回お辞儀する≠ニいう意味。
 神社本庁が定める『神社祭式行事作法』によると、
 宮司(神主)が神社に玉串【たまぐし】を奉じる時に「再拝(二拝)二拍手一拝す」るらしい。
 これを踏まえて多くの神社では、参拝者の作法にもこれを用いている。
 ただし、神社や宗派・場面などで異なる作法を採用している例も多い。

土着神「手長足長さま」 …風
 一般に『足長手長』と言うと、足が長い妖怪と腕が長い妖怪のコンビとされる。
 九州や福島県、諏訪湖など各地にその伝承がある。
 しかし、諏訪での足長手長と言えば、『足長神社』と『手長神社』の事か。
 『足長神社』の祭神は『アシナヅチ』神、『手長神社』の祭神は『テナヅチ』女神であり、
 日本神話の『ヤマタノオロチ退治』に登場する『スサノオ』神の妻『クシナダヒメ』の両親である。
 スサノオとクシナダヒメの子孫の中に、タケミナカタがいる。
 だが、足長・手長の伝説は大和の影響が及ぶ以前からあったもので、
 後にアシナヅチ・テナヅチを強引に当てはめたものと思われる。

神具「洩矢の鉄の輪」 …風
 諏訪の土着神である洩矢の神が使った武器の事。
 記紀神話におけるタケミナカタ神の諏訪入りの話とは別に、
 諏訪地方には独特の神話が伝えられている。
 それによると、タケミナカタ神が諏訪に入る際、先住民族の神『洩矢神』が迎え撃つ。
 洩矢神は鉄の輪を武器とし、タケミナカタ神は藤の蔓としたが、
 鉄の輪はタケミナカタの神力で錆びてしまい、洩矢神は負けてしまったのだと謂う。
 弾幕形状は、そのままリング状である。
 錆びてしまった事からか、色は赤い。

源符「厭い川の翡翠」 …風
 【いといがわ】と読む。
 本来は『糸魚川』と書き、新潟県にある市。
 古事記のオオクニヌシの話において、
 オオクニヌシが高志国(越国)のヌナカワヒメ女神に求婚する、というものがある。
 この両神の子供がタケミナカタ神である。
 その後、ヌナカワヒメは糸魚川市を流れる姫川をさかのぼり諏訪入りし、
 諏訪大社の祭神の一柱となった。
 また、糸魚川市は河川上流を中心に世界的な翡翠石の産地として有名。
 諏訪大社でこの翡翠付きのおみくじも買える。
 その弾幕形状は、緑色で翡翠を表し、川を模した列状に展開される。

蛙狩「蛙は口ゆえ蛇に呑まるる」 …風
 慣用句。
 『蛙は口から呑まるる』とも言う。
 「黙っていればよいのに、つまらぬことを言ったために身を滅ぼすことのたとえ」だという。
 『蛙狩』とは、元旦に行われる諏訪大社の神事の一つ『蛙狩神事』の事。
 上社本宮の前を流れる御手洗川の氷を砕いて蛙を捕らえ、
 神前で小弓で射通して矢串のまま奉じる。
 不思議と毎年蛙が捕まるらしいが。
 その弾幕形状は、蛇のトグロの様に弾幕が展開される。

土着神「七つの石と七つの木」 …風
 諏訪に伝わる『七石・七木』信仰の事。
 ミシャグジ信仰に代表される自然物崇拝(物神崇拝、いわゆるフェティシズム)であり
 自然霊崇拝(精霊崇拝、いわゆるアニミズム)である。
 『七石』とは『御座石・御沓石・硯石・蛙石・小袋石・児玉石・亀石』の七つの聖石であり、
 『七木』とは『桜タタエ・檀タタエ・峯タタエ・榎タタエ・松ノ木タタエ・栃ノタタエ・柳タタエ』で
 七ヶ所の『タタエ』と呼ばれる聖地に生える聖木である。
 その弾幕形状は、七木を七色のレーザーで、七石を七色の大粒弾で表している。

土着神「ケロちゃん風雨に負けず」  …風
 日本の商社『興和株式会社』のマスコットキャラクター『ケロちゃん』の事か?
 ちなみに、『ケロちゃん』はカエルの女の子で、カエルの男の子キャラは『コロちゃん』。
 薬局の店頭に置かれるケロちゃん人形の苦節(?)を表したスペルか。
 宮沢賢治の詩『雨ニモ負ケズ 風ニモ負ケズ』のもじり。
 その弾幕形状は、水色の小粒弾で雨を、青色の発光丸弾列のうねりで風を表している様に見える。

土着神「宝永四年の赤蛙」  …風
 『蛙狩「蛙は口ゆえ蛇に呑まるる」』と同じ、『蛙狩神事』が元。
 この時捕まえる蛙は赤蛙なのだという。
 記録によれば、大水で蛙が獲れないという事態になったが、
 翌日(宝永四年の元旦)神前に蛙が這い登っており、これを捕まえて捧げた、
 という事があったらしい。

「諏訪大戦 〜 土着神話 vs 中央神話」 …風
 諏訪の土着宗教『ミシャグジ』信仰と、大和政権による国家宗教との対立の事。
 『神具「洩矢の鉄の輪」』の項目の説明も参照。
 記紀神話では、諏訪に追いやられたタケミナカタ神はそのまま諏訪の神になるが、
 諏訪独自の神話では、その際に土着信仰の神『洩矢神』と一戦を挙げている。
 タケミナカタ勢は天竜川の西方から来たという話らしいので、
 大和政権の影響を持った集団が西日本の方から諏訪に侵入してきた、
 という歴史の神話化が容易に想像できる。
 結局、土着神話は中央神話に負けた訳なのだが、
 今も色濃く残るミシャグジ信仰の影響を見ると、勝敗は引き分け・和解なのだろう。

崇符「ミシャグジさま」 …風
 諏訪地方に遥か古代から伝わる自然霊。
 自然物崇拝から精霊崇拝へ移行したと見え、『石神【シャクジン】』を元とする説も。
 諏訪の土着神であり、恐ろしい崇り神。
 また風雨をもたらす蛇神であり、御射山などの山神でもあることから、
 元は別々の崇拝対象を一柱の神にまとめたとも考えられる。
 別名『洩矢神【モレヤシン】』。
 諏訪の神話によると記紀神話のタケミナカタ神に敗れたとされるが、
 現在でも諏訪大社の神事の多くはミシャグジ信仰の神事の名残であるとされる。
 典型的な自然神であり、同様の信仰は東日本を中心に各地に存在する。


永江 衣玖

地震発生の宏観前兆であるリュウグウノツカイの擬人化であり、
また龍神の意思を伝える為に雷雲を泳ぐ、という東方の設定から、
コンセプトは『雷』『龍』『魚』。

光珠「龍の光る眼」 …緋

雷符「神鳴り様の住処」 …緋
 『神鳴り』とは、雷の語源の一つ。
 雷は神の起こすものだと考えられ、その音の様子を神が鳴る……と表現したもの。
 『かみなり様』は雷の擬人化で、
 『かみなり様の住処』は雲の上、もしくは中とされることが多い。

棘符「雷雲棘魚」 …緋
 『棘魚【きょくぎょ】』とは、絶滅した魚類の一種で、生物分類上は『棘魚綱』。
 尾びれ以外のヒレに棘がついているという。
 もしくは、トゲウオ目のことか。
 トゲウオ目にはタツノオトシゴなどが含まれる。
 その攻撃パターンは、棘状の電撃をまとった衣玖自身が追尾してくるというもので、
 見た目は魚のハリセンボンに近い。

雲界「玄界灘の雷庭」 …緋
 『玄界灘』とは、日本海南西端で、山陰地方から北九州沖に広がる海域の事。
 おそらくだが、2005年3月に福岡県沿岸で発生した福岡県西方沖地震の際に
 自身の前兆とされるリュウグウノツカイが発見された事が元か。

雷符「雷鼓弾」 …緋
 意匠にある雷神の背負う太鼓(天鼓)が元ネタか。
 これは、雷のゴロゴロ……という音を太鼓の音に見立てたもの。
 攻撃パターンは、発射した雷弾が静止した後、四つに分裂する。
 見ようによっては、太鼓に見えるか?

魚符「龍魚ドリル」 …緋

雷符「エレキテルの龍宮」 …緋
 『エレキテル』とは、江戸時代の博物学者平賀源内が復元した静電気発生装置。
 手回しハンドルによりガラスの摩擦で電気を発生させる仕組み。
 日本の歴史と電気を語る際には必ず登場する一品である。

光星「光龍の吐息」 …緋

雷魚「雷雲魚遊泳弾」 …緋

羽衣「羽衣は空の如く」 …緋
 羽衣とは、主に天女が身につけているとされる衣のこと。
 形状は、上代女官の礼服の一部である『領布【ひれ】』に酷似する。
 日本や中国などに残る『羽衣伝説』に登場する宝具。
 天女が天地間を行き来する為に身に付ける必要があり、
 多くの伝説は、男主人公が天女の羽衣を持ち去ったため天女が帰れず、
 その妻になるという前半場面を持つ。
 また、魚類の『リュウグウノツカイ』も長く波打った背ビレが特徴的であり、
 彼女の設定をズバリ引き立たせている。

龍魚「龍宮の使い遊泳弾」 …緋


比那名居 天子

地震や要石などの大地系スペルと、
緋想の剣を用いた仏教系天界スペルを持つ。

地符「不譲土壌の剣」 …緋
 『泰山不譲土壌、故能成其大』が元。
 【泰山土壌を譲らず、故に能く其の大を成す】と読み、
 「泰山はどんな土くれでも受け入れた為に大きくなった」という意味で
 理想の指導者像として史記に記されている。

非想「非想非非想の剣」 …緋
 『非想非非想』とは、仏教世界観の内、
 天界である三界の中でも位の高い『無色界』の中でも
 さらに最上位の世界『有頂天』の別名である『非想非非想天(処)』の事。
 「想うに非ず、想わざるに非ず」という意味で、
 簡単に言えば「思わないということすら思わない」という究極に近い境地。

天符「天道是非の剣」 …緋
 まず、『天道』とは、天の法則の意。 天地万物の真理の事。
 『天道是非』とは、史記で語られる司馬遷の言葉『天道是耶非耶』が元。
 この言葉を司馬遷が吼えた経緯は省くが、
 「善人が貧しくして早死にし、悪人が栄えて天寿を全うするなんて、
  この世界の真理はこれで良いのか!?悪いのか!?」
 という意味。

地震「先憂後楽の剣」 …緋
 『先憂後楽』とは、
 「優れた為政者は心配事については世の人がまだ気付かないうちから
 それを心にとめていろいろ処置をし、
 楽しみは世の人の楽しむのを見届けたあとに楽しむ。」という意味。

気符「天啓気象の剣」 …緋
 『天啓』とは、神などの存在から与えられたお告げの事。
 よって『天啓気象』とは「神から与えたれた天気」ということだろうか。

要石「天地開闢プレス」 …緋
 『天地開闢』とは、世界の始まりの事。
 混沌としていた原初の世界を天と地とに分けたという中国の神話に由来する。

気符「無念無想の境地」 …緋
 『無念無想』とは、
 「無我の境地に入りすべての想念から離れること」の意。

要石「天空の霊石」 …緋
 東方世界の天界の設定である『天界は大昔地上に刺さっていた要石』
 という事からの命名か。

乾坤「荒々しくも母なる大地よ」 …緋

霊想「大地を鎮める石」 …緋
 こちらも、要石の事。

天地「世界を見下ろす遥かなる大地よ」 …緋
 こちらは、天界の事。

「全人類の緋想天」 …緋
 緋想天とは、生物の気質を切り緋色の気にして天に集め
 「天気」と成したもの。
 生物の気質は十人十色。
 全人類の気質を集めた天気は混ざり合い、
 絶えず色の変化するオーロラとなって顕現した。


キスメ

難易度Hard以上でスペルカード攻撃をしてくる。

怪奇「釣瓶落としの怪」 …地
 『釣瓶落とし』とは、日本の妖怪の一種。
 夜間、人間が木の下を通ると、
 人間の生首や釣瓶(井戸において水を汲み上げるのに使用する桶の事)や火の玉
 が突然落ちてきて、人間を驚かせたり襲ったりする。
 過去、東方project内にも名前が何度か登場していた。
 (『東方香霖堂』第15話及び第21話)
 その弾幕形状は、赤く細長い弾を釣瓶火に見立て
 落下させるように弾幕を展開する。


黒谷 ヤマメ

病気を操るという能力を持つ土蜘蛛の妖怪。
『蜘蛛』と『病気』がモチーフ

罠符「キャプチャーウェブ」 "Capture Web" …地
 capture【捕らえる】 web【網】の意。
 蜘蛛が獲物を捕らえる為に作る蜘蛛の巣を指した命名。
 弾幕形状も蜘蛛の巣を模している。

蜘蛛「石窟の蜘蛛の巣」 …地
 土蜘蛛は、大抵の物語で洞窟を住処としている。
 (死体が洞窟で発見されていることが多いため。)

瘴符「フィルドミアズマ」 "Filled Miasma" …地
 filled【満たされた】 miasma【瘴気】の意。
 病気にさせる能力の真骨頂。
 古来、病気になる原因として、狐憑きや神仏からの罰、悪神・悪霊の崇りなど
 が考えられていたが、
 「悪い風に障る」と言う様に、淀んだ空気の様な何か目に見えない雰囲気で
 病気になるというイメージもあったのだ。

瘴気「原因不明の熱病」 …地
 医療技術も曖昧な時代には、特殊な症状や複雑な原因の病気は
 全て原因不明…というか、崇りなどがその理由とされてしまった。
 しかし現代においても、いわゆる『難病』と認識されている多くの病気があり
 日本において『特定疾患』と認められている病気の中にも
 有効な対処法はおろか原因さえ不明なものがあるのである。
 嗚呼、げに恐ろしきは土蜘蛛の毒気かな。


水橋 パルスィ

「嫉妬の鬼」とされる『橋姫』が元ネタであることから
『嫉妬』がモチーフとなっている。
弾幕は全て執拗に迫り来る自機狙い弾が含まれている。

妬符「グリーンアイドモンスター」 "Green Eyed Monster" …地
 英慣用句で、The green eyed monster【嫉妬】という意。
 恐怖や嫉妬の感情で顔色が緑色になるというイメージなのだが、
 日本の「青ざめる」という表現と同じ発想。
 緑色の弾幕が自機を執拗に追尾する様を嫉妬に見立てた弾幕か。

嫉妬「緑色の目をした見えない怪物」 …地
 「The green eyed monster」直訳で【緑色の目をした怪物】。
 どうもこのような表現が広まったのは、
 シェイクスピアの劇作「オセロ」や「ヴェニスの商人」であるらしい。

花咲爺「華やかなる仁者への嫉妬」 …地
 日本の昔話の一つ『花咲か爺』が元。
 心優しいお爺さんには多くの富が、
 それを羨んで犬や品物を奪い殺した隣の爺さんには不幸が訪れる。
 嫉妬繋がりの元ネタ。
 「華やかなる」とはラストの桜を咲かせるシーンから、
 「仁者」とはつまり徳のある人物…優しいお爺さんのこと。
 嫉妬に見立て、弾幕は自機狙い。

花咲爺「シロの灰」 …地
 下位スペルと同じ元ネタ。
 「シロ」とは優しいお爺さんの飼っていた犬の名前だろう。
 優しいお爺さんの可愛がった忠犬は、死後も臼となり灰となり
 お爺さんへと富をもたらす。
 嫉妬するには十分な魅力だ。
  
舌切雀「謙虚なる富者への片恨」 …地
 日本の昔話の一つ『舌切雀』が元。
 心優しいお爺さんの選んだ小さい葛籠からは大判小判が、
 欲の深いお婆さんの選んだ大きい葛籠からは化け物が出てきた。
 嫉妬繋がりの元ネタ。
 「謙虚なる富者」とは物欲無く小さい葛籠を選ぶお爺さんのこと。
 やっぱり、弾幕は自機狙い。

舌切雀「大きな葛籠と小さな葛籠」 …地
 下位スペルと同じ元ネタ。
 パルスィが二人に分身し、それぞれ大きい弾幕と小さい弾幕を撃ってくる。
 さあ、プレイヤーの方々はどちらの敵機を狙うだろうか。
 より邪魔な大きい弾幕を撃ってくる方の敵機を狙うと、
 酷いしっぺ返しを受ける。

恨符「丑の刻参り」 …地
 日本における有名な呪い。
 白装束を着、逆鉄輪にロウソクを立て、神社のご神木などに
 藁人形を五寸釘などで打ち付ける。
 その様子を他人に見られずに七日間続けると、憎い相手を呪い殺すという。
 『平家物語異本・剣巻』に見られるパルスィの元ネタである『宇治の橋姫』
 が丑の刻参りによって鬼になり憎い相手を殺している。
 そして、弾幕はやはり自機狙い。
  
恨符「丑の刻参り七日目」 …地
 狂気の嫉妬心も最終日にはピークに達する。
 古い文献には、狂って妖怪化した女が結構多い。
 先の『宇治の橋姫』や『般若』、『清姫(…は違うか?)』などである。
 七つの大罪の一つは昔から恐ろしいものだった。


星熊 勇儀

鬼らしい、力技を彷彿とさせる弾幕が多い。
全て、お酒を杯から零さないように放っていたのだという。
本気を出していれば、おそらくEXTRA級だと思われる。

鬼符「怪力乱神」 …
 論語での孔子の言葉。
 『怪、力、乱、神、を語らず』という。
 「怪」奇怪な事、「力」暴力を振るう事、「乱」世や道理を乱す事、
 「神」不可思議な事である。
 孔子は、それら怪力乱神な妄言を語ることは無かった
 (至極当たり前の道理を説いたのだ)。の意。

怪輪「地獄の苦輪」 …地
 『苦輪』とは、苦しみの輪廻の事。
 地獄で罪人は永遠に繰り返し拷問を受ける。
 実際にリング状の弾幕パターン。
 被弾させるにつれ輪が欠け、消滅する代わりに自機狙い弾と化す。

枷符「咎人の外さぬ枷」 …地
 下位スペルで苦輪に見立てたリング弾幕を、
 罪人に科す枷に見立てた。
 神主は「鎖は鬼の象徴(笑)」というイメージを持っており、
 萃香や勇儀も鎖付きの枷を付けている。

力業「大江山嵐」 …地
 鬼伝説のある『大江山』と
 柔道の投げ技の一つ『山嵐』を掛けた命名。
 大玉を斜め方向に乱射するという豪快な嵐を思わせる弾幕。

四天王奥義「三歩必殺」 …地
 中国拳法において、「○○歩以内の間合いの相手を確実に殺せる」
 と言う必殺技を『○○歩必殺』と命名するものがある。
 その弾幕形状は、3段階で展開される。
 3段階目の弾幕に飲み込まれると、避けることができないという。
 多少意味が違うが、これも「三歩で殺せる」ということか。


古明地 さとり

心を読む能力を持ち、相手の記憶の中にある弾幕を再現してスペルを放つという
超特異な弾幕を持つ。
自機のオプションとして設定した妖怪達のスペルカードを
それぞれ模倣して放ってくる。
トラウマ弾幕をうまくチョイスしている辺りが憎い。

想起「テリブルスーヴニール」 "Terrible Souvenir" …地
 terrible【恐ろしい】 souvenir【思い出(仏語)】の意。
 『想起』とは【以前にあったことを思い出すこと】である。
 以前あった恐ろしい思い出を思い出す……の意か。
 つまり、これから始まる過去の恐ろしい弾幕を思い出す、という意味だ。

想起「恐怖催眠術」 …地
 そもそも催眠術とは、暗示により特殊な意識状態へと移す技術。
 恐ろしい幻覚などを思い起こさせる催眠術か。

想起「二重黒死蝶」 …地
 『東方妖々夢』Phantasmにおいて八雲紫が使用した弾幕の模倣スペル。
 自機霊夢・オプション紫の際に使用。
 4面でPhantasm弾幕使ってくるなよ…と思う。

想起「飛行虫ネスト」 …地
 『東方緋想天』において八雲紫が使用した弾幕の模倣スペル。
 自機霊夢・オプション紫の際に使用。

想起「波と粒の境界」 …地
 『東方文花帖』において八雲紫が使用した弾幕の模倣スペル。
 自機霊夢・オプション紫の際に使用。
 4面でExtra弾幕使って(ry

想起「戸隠山投げ」 …地
 『東方萃夢想』『東方緋想天』において伊吹萃香が使用した弾幕の模倣スペル。
 自機霊夢・オプション萃香の際に使用。
 豪快なブン投げ技は、やはり豪快な弾幕へと変化した。

想起「百万鬼夜行」 …地
 『東方萃夢想』『東方文花帖』において伊吹萃香が使用した弾幕の模倣スペル。
 自機霊夢・オプション萃香の際に使用。
 4面でExtra弾幕使(ry

想起「濛々迷霧」 …地
 『東方文花帖』『東方緋想天』において伊吹萃香が使用した弾幕の模倣スペル。
 自機霊夢・オプション萃香の際に使用。
 4面でExt(ry

想起「風神木の葉隠れ」 …地
 『東方風神録』において射命丸文が使用した弾幕の模倣スペル。
 自機霊夢・オプション文の際に使用。

想起「天狗のマクロバースト」 …地
 『東方緋想天』において射命丸文が使用した技の模倣スペル。
 自機霊夢・オプション文の際に使用。
 『マクロバースト』とは、下降気流のうち
 局地的に非常に強い風が地上に吹き付けるものを『ダウンバースト』、
 地上に広がった際の風の範囲が小型なものを『マイクロバースト』、
 大型のものを『マクロバースト』という。

想起「鳥居つむじ風」 …地
 『東方風神録』において射命丸文が使用した弾幕の模倣スペル。
 自機霊夢・オプション文の際に使用。
 弾幕スペルカードになり、よりカード名の元ネタに近い弾幕形状になった。

想起「春の京人形」 …地
 『東方妖々夢』においてアリス=マーガトロイドが使用した弾幕の模倣スペル。
 自機魔理沙・オプションアリスの際に使用。

想起「ストロードールカミカゼ」 …地
 『東方文花帖』においてアリス=マーガトロイドが使用した弾幕の模倣スペル。
 自機魔理沙・オプションアリスの際に使用。

想起「リターンイナニメトネス」 …地
 『東方萃夢想』『永夜抄』『緋想天』においてアリス=マーガトロイドが使用した弾幕の模倣スペル。
 自機魔理沙・オプションアリスの際に使用。
 過去三作において登場したが、敵スペル弾幕としての登場は初。

想起「マーキュリポイズン」 …地
 『東方紅魔郷』においてパチュリー=ノーレッジが使用した弾幕の模倣スペル。
 自機魔理沙・オプションパチュリーの際に使用。
 実に7年振りに登場し、変わらぬトラウマを発揮してくれた。

想起「プリンセスウンディネ」 …地
 『東方紅魔郷』においてパチュリー=ノーレッジが使用した弾幕の模倣スペル。
 自機魔理沙・オプションパチュリーの際に使用。
 こちらも7年振り。
 その弾幕は紅魔郷Easy・Normalレベルの全スペルの中で最強と言われた。

想起「賢者の石」 …地
 『東方紅魔郷』『萃夢想』『緋想天』においてパチュリー=ノーレッジが使用した弾幕の模倣スペル。
 自機魔理沙・オプションパチュリーの際に使用。
 難易度は下がったが、『紅魔郷』時の弾幕形状を見事に再現。

想起「のびーるアーム」 …地
 『東方風神録』において河城にとりが使用した弾幕の模倣スペル。
 自機魔理沙・オプションにとりの際に使用。

想起「河童のポロロッカ」 …地
 『東方風神録』において河城にとりが使用した弾幕の模倣スペル。
 自機魔理沙・オプションにとりの際に使用。

想起「光り輝く水底のトラウマ」 …地
 『東方風神録』において河城にとりが使用した弾幕の模倣スペル。
 自機魔理沙・オプションにとりの際に使用。
 まさにトラウマを再現したトラウマとなった。


火焔猫 燐

怨霊を操る能力から、怨霊、もしくは怨霊を憑依させた妖精を
使い魔として多用する弾幕を使う。
怨霊妖精は、被弾しても死なず、一定時間後にまた動き出す。

猫符「キャッツウォーク」 "Cat's Walk" …地
 cat's【猫の】 walk【歩み】の意。
 俊敏で足音が小さいのが特徴。
 紅美鈴の『震脚』の様な印象を受ける弾幕形状。

猫符「怨霊猫乱歩」 …地
 『乱歩』とは『ランダムウォーク』のこと。
 次の位置が確率的にランダムで決定される運動のこと。
 だが、筆者は「怨霊」「乱歩」というイメージから
 日本の推理小説家『江戸川乱歩』が先ず頭に浮かんだものだ。

呪精「ゾンビフェアリー」 …地
 【ゾンビ妖精】の意。
 アリスの人形のようにも見えるが、その名称から
 死んだ妖精を操っているのか。
 しかし、東方の妖精の設定から、妖精の幽霊は考えにくい。
 妖精とは名ばかりの怨霊なのではないか、とも考えられる。
 もしくは、死の概念が無くすぐに蘇る妖精をゾンビに見立てたか。
 自機狙いで迫ってくる妖精達は被弾するとその場で静止するが、
 すぐに復活する。

呪精「怨霊憑依妖精」 …地
 ……と思ったら、なんと怨霊が憑依しているのだという。
 つまり、妖精に怨霊を憑依させ、その怨霊を操っていたのだ。
※追記
 ……と思ったら、やっぱり妖精が正体らしい。

恨霊「スプリーンイーター」 "Spleen Eater" …地
 spleen【不機嫌・悪意】 eater【食べる者】の意。

屍霊「食人怨霊」 …地
 【人を食べる怨霊】の意か。

贖罪「旧地獄の針山」 …地
 地獄にあるとされる『針の山』が元。
 財政難により規模縮小し“旧”地獄となった灼熱地獄跡地・地霊殿。
 拷問設備が足りないとの事だが、
 移動させるのが困難な設備は放置され廃墟と化しているのだろうか。
 弾幕形状は、針…と言うか、トゲトゲしたリング状の弾幕を出してくる。

贖罪「昔時の針と痛がる怨霊」 …地
 地獄の針山ももはや古き良き思い出。
 しかし彼らの心には強烈なトラウマとなり、
 今でも五体を刺し貫かれる痛みを感じるという。

「死灰復燃」 …地
 ゾンビフェアリーの発展形の如きスペル。
 お燐の放つ炎の渦と、何度撃っても復た動き出す怨霊が自機に迫る。

「小悪霊復活せし」 …地

妖怪「火焔の車輪」 …地
 お燐の妖怪種族名『火車』が元。
 自動車のタイヤの溝模様のような弾幕パターン。


霊烏路 空

『核融合』が弾幕のメインモチーフとなっている。
前例の無い超巨大弾と、太陽の如く輝く弾幕は凄まじい。

核熱「ニュークリアフュージョン」 "Nuclear Fusion" …地
 【核融合】の意。
 質量の軽い特定の種類の原子核同士が、その引力が反発力を超える事で融合し
 より重い種類の原子核になる反応であり、
 融合の種類によっては反応の際にかなりのエネルギーを放出する。
 技術的には『核分裂』より難しいらしいが
 利点もあり、現在世界中で実用化に向けて研究がなされているとの事。
 見たこともない大きさの超特大弾を熱エネルギーに見立てた凄まじい弾幕。

核熱「ニュークリアエクスカーション」 "Nuclear Excursion" …地
 【核暴走】の意。
 夢の技術は一つのミスで悪魔の技術へと変貌する。

核熱「核反応制御不能」 …地
 八咫烏の太陽の力も、ルナティックレベルともなれば彼女には制御不能。
 核反応の難しさは彼女の頭では理解不能。

爆符「プチフレア」 "Petit Flare" …地
 petit【小さい】の意の仏語。
 『フレア』は、太陽の大気中で起こる爆発現象の事。
 よって【小さいフレア】の意。
 無数の爆発により発生した特大弾が自機に降りかかる。

爆符「メガフレア」 "Mega Flare" …地
 『メガ』とは国際単位系における十進の倍量を表す接頭辞の一つ。
 10の6乗、つまり百万を表す。
 百万倍のフレアとか、言い過ぎだと思うぞ。お空。

爆符「ギガフレア」 "Giga Flare" …地
 『ギガ』とは国際単位系における十進の倍量を表す接頭辞の一つ。
 10の9乗、つまり十億を表す。
 十億倍のフレア…って想像できん。

爆符「ペタフレア」 "Peta Flare" …地
 『ペタ』とは国際単位系における十進の倍量を表す接頭辞の一つ。
 10の15乗、つまり千兆を表す。
 もはや何が何だか分からない。
 最大級のフレアは、大型の火力発電所数十億年分のエネルギーを
 数時間で放出するという。
 はてさて、どうなることやら。

焔星「フィクストスター」 "Fixed Star" …地
 【恒星】の意。
 主に水素・ヘリウムの核融合エネルギーにより自ら光り輝く天体の事。
 太陽も恒星の一つ。
 その弾幕形状は、敵機を中心に大小の弾幕が円運動を行うというものだが
 これは恒星の周囲を回る惑星を、つまり全体的に見れば太陽系に見立てたものか。

焔星「プラネタリーレボリューション」 "Planetary Revolution" …地
 planetary【惑星の】 revolution【回転運動】の意。
 恒星と惑星などの太陽系の運動は、重力によりバランスがとられており
 太陽からおよそ45億km離れた海王星にもその運動法則は適応されるのだ。

焔星「十凶星」 …地
 『凶星』とは、占星術などにおいて不吉な意味を持つ星の事。
 金星や羅ゴウ星・計都星、南極老人星、流星、日食・月食などがあり、
 また宗教や宗派・思想などにより様々な凶星が定義されている。
 (時と場合により吉星となったり凶星となったりする事が多い。)
 ただ今回の元ネタとしては、下位スペルの太陽系繋がりを基に考えると
 太陽系を構成する主な星である
 『太陽、水星、金星、月、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星』の10星
 の事ではないかと考えられる。
 (月ではなく地球の場合も考えられる。)
 太陽系惑星が十字状の配置となる事を『グランドクロス』などと言い
 不吉であるとされている。

「地獄極楽メルトダウン」 …地
 meltdown【炉心溶融】とは、電子力発電所などにおいて
 核反応の暴走による高熱で原子炉が溶けたり、破損したりする現象。
 安全面の問題では最悪の事態に想定されている。
 その弾幕形状は、前後に設置された超特大弾からそれぞれ弾幕が放たれる。
 この前後の特大弾がそれぞれ地獄と極楽を表しているのだろう。
 全てが溶融し、地獄も極楽も区別がつかない有り様。

「ヘルズトカマク」 "Hell's Tokamak" …地
 『トカマク』とは、核融合炉の制御方式の一つ『磁気閉じ込め方式』の一種。
 このロシア語の制御方式名称の頭文字を取ってこう呼ぶ。
 【地獄の制御方式】とでも訳すか。
 核融合に必要な超高温・超高圧を実現させるプラズマ状態を維持させる為の技術
 であり、素人はおろかお空自身も原理なんぞ分かっていないだろう。

「地獄の人工太陽」 …地
 お空の言う通り、太陽のエネルギーは核融合のエネルギーである。
 その為、核融合炉は「地上の太陽」などと呼ばれている。
 まさに人工太陽と言う訳だ。
 ただし地獄の太陽はそんな夢のエネルギーではない。
 お空の言う通り「地獄の釜」の大焦熱地獄のエネルギーなのだ。
 なお、『ウルトラマン』の人工太陽プラズマスパークは関係無い筈。

「サブタレイニアンサン」 "Subterranean Sun" …地
 subterranean【地下の】 sun【太陽】の意。
 『地霊殿』サブタイトルに使われた英表現を用いている辺り
 本編の最終スペルとして特別な扱いなのだと分かる。
 意味としては、下位スペルと同様。


古明地 こいし

無意識を操る能力であることから、
『深層心理学』がモチーフ。
ハート型の弾やバラの様なトゲトゲ弾が特徴的。

表象「夢枕にご先祖総立ち」 …地
 『表象』とは、哲学用語であり、
 「知覚したイメージを記憶として心のうちに表す作用」のこと。
 また『夢枕』とは、当人が睡眠中に神仏や故人などが枕元に現れ、
 主にお告げや警告などを当人に語りかけ、
 当人はそれを夢を見ているように(もしくは夢の中で)聞くという現象。
 『ご先祖様』なのは、日本や中国における祖霊神信仰が元。
 何にせよ、大勢の先祖達が枕元に揃い立っている様はインパクトが高い。
 スペル名に思わず唖然とし被弾した方も多いだろう。
 弾幕形状は、降り注ぐ針弾をご先祖様に見立てているのだろうか。

表象「弾幕パラノイア」 …地
 『パラノイア』とは精神病の一種。偏執病とも。
 被害妄想や誇大妄想を過剰に抱くという症状が特徴。
 【弾幕被害妄想】【弾幕誇大妄想】とでも訳すか。
 自機の周囲をクナイ弾で極端に制限されると同時に
 大量の弾幕を放射してくる。

本能「イドの解放」 …地
 『イド(id:羅語)』とは、精神分析学における概念の一つ。
 フロイトは元々『エス(Es:独語)』と名付けた。
 無意識の中心となる機能であり、感情や欲求・本能を自我(エゴ)に伝える。
 つまり「無意識(欲求)の解放」という意味。
 「解放」という事で、敵機から放射状に弾幕が放たれる。

抑制「スーパーエゴ」 …地
 『スーパーエゴ』とは、精神分析学における概念の一つ。『超自我』とも。
 『イド(本能)』とは逆に、ルール・道徳観・論理的規制を自我(エゴ)に伝える。
 これで『イド』を抑制する。
 弾幕の展開方向が「イドの解放」と逆なのは、これを見立てているため。

反応「妖怪ポリグラフ」 …地
 『ポリグラフ』とは、計測装置の一種。
 呼吸・脈拍・血圧など複数の生理現象を、電気的または物理的な信号として記録する。
 医療機器などにも使用されるが、一般には『嘘発見器』として知られる。
 その弾幕パターンは、敵機を中心に画面を区切るように放射されるレーザーと、
 自機の位置を極座標的に追尾する粒弾とで構成されており、
 自機の動きによって心電図の如きジグザグの弾の軌跡が残る。

無意識「弾幕のロールシャッハ」 …地
 性格検査の一つ、投影法の一種『ロールシャッハテスト』が元。
 左右対称のインクのシミから被験者が想像したものから人格を分析する方法。
 弾幕形状もロールシャッハテストの図を模して展開していく。
 何かこいしにテストをされていたのだろうか。

復燃「恋の埋火」 …地
 『埋火【うずみび】』とは火炉や火鉢などにおいて
 火を長持ちさせるために灰の中にいれた炭火のこと。
 灰という深層意識の中で、恋の炎は静かに、しかし消えることなく燃え続ける。
 弾幕形状は、弾幕の軌跡を残しながら画面上を反射し続けるハート弾の自機狙い撃ち。
 後半になって弾の数が多くなってくると、
 自機が灰の中でもがいているようにも見えないだろうか。

深層「無意識の遺伝子」 …地
 「深層」とは『深層心理』のことを指すか。
 『深層心理』とは、人間の心の意識層の下層に存在する無意識層が及ぼす
 心理、また心理への影響のことを言う。
 また「無意識の遺伝子」という表現は、『集合的無意識』のことか。

「嫌われ者のフィロソフィ」 …地
 嫌われ者のphilosophy【哲学】の意。
 『紅魔郷』のフランドールの「そして誰もいなくなった」を彷彿とさせる弾幕形状。

「サブタレイニアンローズ」 "Subterranean Rose" …地
 subterranean【地下の】 rose【薔薇】の意。
 お空と同様に『地霊殿』サブタイトルに使われた英表現を用いている辺り
 Extraの最終スペルとして特別な扱いなのだと分かる。
 モヤモヤトゲトゲした形状の弾が一定パターンで同心円状に展開する様は
 確かにバラの花を想像させる。
 神主もMusicRoomで「バラの咲いている場所が似合う」と言っていた。


ナズーリン

弾幕は『ダウジング』が基本モチーフ。
特筆すべきは1面最終スペルにて使用してくるペンデュラム型使い魔。
また、5面中ボスとしても登場する。

棒符「ビジーロッド」 "Busy Rod" …星
 busy【忙しい】rod【棒】の意。
 『ロッド』とは、ダウジングにおいて用いられる装置の一種で
 一般的にはL字型の棒が知られている。
 「忙しい」という表現は、ロッドが探索物に反応し動作する様子を言ったものか。
 弾幕形状は、ロッドに模したレーザーを2条放ち
 ダウジングに反応しているかの様に回転させる。

捜符「レアメタルディテクター」 "Rare Metal Detector" …星
 rare metal【希少金属】detector【探知装置】の意。
 ダウジングで探索する対象としては、
 主なものに地下水や貴金属鉱脈などが挙げられる。
 ちなみにレアメタルとは「流通量・使用量の少ない非鉄金属」のことであり
 金などの『貴金属』は含まれない。

捜符「ゴールドディテクター」 "Gold Detector" …星
 gold【金】detector【探知装置】の意。
 貴金属である金を探索するという意味で、下位スペルより上位に位置している。
 アメリカではゴールドラッシュ時代の影響により
 貴金属や石油を探索する目的のダウジングが盛んだと言う。

視符「ナズーリンペンデュラム」 "Nazrin Pendulum" …星
 pendulumとは、ダウジングに用いる振り子のこと。
 スピリチュアルな思想の下でダウジングを用いる際には
 先端の重りに水晶などの鉱物を使用したものを用いることが多い。
 じっと持って念じたり質問したりすると、揺れたり回ったりする動作を起こし、
 その動作を読み取って探索を行う。
 彼女が首から下げているペンダントはこのペンデュラムであろう。
 弾幕形状は、身の丈ほどもある巨大なペンデュラム型の使い魔を出し
 弾幕を放ちつつ自身の周囲を回転させる。

視符「高感度ナズーリンペンデュラム」 …星
 感度が上がったダウジングペンデュラム。
 彼女が飛宝をうまく集められなかったのは
 彼女のダウジング技術の所為ではなく、多分子ネズミ達の所為。

守符「ペンデュラムガード」 "Pendulum Guard" …星
 巨大なペンデュラム弾を自身の周囲で回転させる攻防一体の技。
 ペンデュラムが探し、指し示すのは、
 撃墜対象である自機なのだろうか。

宝塔「グレイテストトレジャー」 "Greatest Treasure" …星
 5面中ボスとして登場の際に使用。
 greatest【最も崇高な】treasure【宝物】の意。
 星の持ち物である仏宝『毘沙門天の宝塔』を使用した弾幕。
 星の宝塔「レイディアントトレジャー」の下位スペルといった位置付け。
 宝塔から発する正義の光(レーザー)をイメージした弾幕形状。


多々良 小傘

化け傘である彼女の弾幕のモチーフは『傘』、それと派生して『雨』。
手に持つ傘を回転させ、傘に付いた水滴を飛ばすような動作で弾幕を張る。
よってその弾幕の多くは渦巻き状、斜め方向へ飛ぶものなどが多い。

大輪「からかさ後光」 …星
 『からかさ』とは『唐傘』とも書き、頭に付ける『笠』に対しこちらは柄の付いたものを言う。
 『からかさ』というと和傘というイメージだが、『からかさ』という呼称は一般的な『傘』と
 同じく傘の総称であり、洋傘でも日傘でもなんでも『からかさ』と呼んで間違いではない。
 また『後光』とは、仏教の仏の身体から発する(実際の、または心理的な)光のこと。
 仏像などで後光を表現する際には光のスジを放射状に幾条も付けるものが多いが
 これが和傘の『骨(親骨)』に似ていることからの命名か。
 また逆に、和傘を肩に掛けるように(傘の内側が背中の方を向くように)差すと
 後光が差しているように見える。
 『大輪』とは、傘の円形状を表しているか。
 (蛇の目傘などではまさに輪の模様が傘に描かれる。)

大輪「ハロウフォゴットンワールド」 "Hello Forgotten World" …星
 『halo』と『Hello world』と『FORGOTTEN WORLDS』とを掛けた洒落か。
 halo【後光】の意で、仏教の仏の後光ではなく、キリスト教系の神や聖者の後光のこと。
 『Hello world』とは、「Hello,world !」と出力するだけの、
 プログラミング練習に用いられるプログラムの通称。
 有名なプログラミング教本である「プログラミング言語C(B.カーニハン&D.リッチー著)」
 の影響にて広まった「世界一有名なプログラム」とも言われる。
 また『FORGOTTEN WORLDS』はカプコンが1989年に出したシューティングゲーム。

傘符「パラソルスターシンフォニー」 "Parasol Star Symphony" …星
 parasol【傘】star【星】symphony【交響曲】の意。
 その弾幕形状は、雨飛沫に模した丸弾に加え、傘を模した円盤形の弾を乱舞させる。
 緩く彼女の周囲を回る傘弾を星に見立てたか。
 もっとも、継ぎ接ぎだらけの傘の外観は、星というよりは隕石に見える。

傘符「パラソルスターメモリーズ」 "Parasol Star Memories" …星
 parasol【傘】star【星】memories【記憶】の意。
 忘れて捨てられた傘の恨みの記憶からか、傘弾が凶悪なまでにうざったい(私見)。

傘符「雨夜の怪談」 …星
 水色の小粒弾を雨に見立て、自機へ降り注がせる。
 ただ、自機狙いで発生させる攻撃パターン。
 傘から滴り落ちた雨の雫が首元にかかりびっくりしたなんて経験は無いだろうか?

傘符「超撥水かさかさお化け」 …星
 『撥水』とは、外部から水が入り込まないように加工すること。
 現在普及している洋傘の雨傘はもちろん、和傘も防水加工した油紙を使用するため
 防水性に優れている。
 穴さえ開いていなければ、傘お化けだって本来の生存理由を全うできる。
 彼女を中心に多方向へ水をばら撒いていることから、
 傘にて防いだ雨を周囲へ弾き飛ばしている様子を表しているか。

化符「忘れ傘の夜行列車」 …星
 Music roomにて神主が「電車に傘を忘れることが多い」と言っていたが
 それを発送のモチーフとした弾幕。
 列車に模した連続傘弾が符弾を撒き散らしながら行き交う。

化鉄「置き傘特急ナイトカーニバル」 …星
 列車に模した連続傘弾の進行方向に対し、
 鉄道路線の枕木の方向に符弾のワインダーが通る。
 自機の両脇を通る傘弾をレールに例えるなら、
 線路上で戦闘しているようにも見える。

傘符「大粒の涙雨」 …星
 EX面中ボスとして登場の際に使用。
 大粒弾によるばら撒き弾幕。
 悔し涙を勇気に変えて、今夜も彼女は人間を襲う。

驚雨「ゲリラ台風」 …星
 EX面中ボスとして登場の際に使用。
 『ゲリラ豪雨』のパロディ名。
 2008年頃に異常気象からくる突発的な集中豪雨被害が日本各地で相次ぎ、
 予測困難の意味を踏まえ『ゲリラ豪雨』という名称で広く知られるようになった。
 地球温暖化が進み日本近海で台風が発生するようになれば
 ゲリラ台風もあながち冗談ではない。
 弾幕形状は、丸弾による横なぶりの雨を模したもの。
 勇儀の力業「大江山嵐」の弾を小さくしたものに近い。

後光「からかさ驚きフラッシュ」 …星
 EX面中ボスとして登場の際に使用。
 まさに後光に模したレーザーを幾条も発し回転させ、
 自機に対し奇数弾、偶数弾となる位置にてランダムに停止させる。
 偶数弾が続いた後に奇数弾が来ると確かに驚いてしまう。


雲居 一輪 & 雲山

入道雲である雲山がその雲体を変化させ、
複数の拳や頭部を形作り攻撃を行う。
どちらかと言えば弾幕格闘ルール向けな能力かもしれない。

鉄拳「問答無用の妖怪拳」 …星
 聖輦船に近付いた主人公達に対し、賊には問答無用と放った技。
 巨大な雲山の手を自機狙いで放つ。

神拳「雲上地獄突き」 …星
 雲の上から拳を振り下ろすイメージ。
 拳の数が増えた。

神拳「天海地獄突き」 …星

拳符「天網サンドバッグ」 …星
  「老子」に「天網恢々、粗にして漏らさず」という言葉がある。
 天の網は粗い様に思えるが、実は逃れることが出来ないものである、
 つまり、悪事を行うと必ず報いがある、という意味。
 逃れられないサンドバッグとなる運命、
 もしくは逃れられない拳の連打。

連打「雲界クラーケン殴り」 …星
 相手を一方的に殴り続ける「タコ殴り」という表現のパロディ。
 クラーケンってタコじゃなくてイカの化け物じゃなかったって?
 という方も多いと思うが、伝承ではタコの姿で描かれることが多い。
 そもそも欧米文化圏ではタコは悪魔の魚とも認識されている。
 イカのイメージが強いのは、クラーケンのモチーフになったとされる
 『ダイオウイカ』の影響かと考えられる。

連打「キングクラーケン殴り」 …星
 カプコンのアクションゲーム『モンスターハンター』風に例えるなら
 「キングサイズのクラーケン」とでも言えようか。

拳打「げんこつスマッシュ」 …星
 『スマッシュ』とはテニス系統の球技における強打のこと。
 直訳すれば【げんこつ強打】となる。
 両拳で自機を押し潰すかのような攻撃パターン。

潰滅「天上天下連続フック」 …星
 『フック』とは、ボクシングなどで使用される拳打の一種。
 相手の側面から腕を回りこませるようにして打つ。
 下位スペルとは違い、左右から交互に拳が飛んでくる。

大喝「時代親父大目玉」 …星
 特に目上の人にひどく叱られることをいう「大目玉をくらう」という表現が元。
 雷を落とすかの如く猛烈に叱るような古き良き親父の姿だろう。
 ……その弾幕形状は、巨大な雲山の顔が登場し、その眼が光ったかと思うと
 全方位レーザーとなって放たれる。
 文字通り、「食らう」羽目になろうとは。

忿怒「天変大目玉焼き」 …星
 「大目玉をくらう」という表現と、料理の「目玉焼き」を掛けたもの。
 梶原一騎原作『巨人の星』で闘志を燃やす際にその瞳に炎が映るが
 雲山の場合、本当に火が出て、しかもレーザーが出る。

忿怒「空前絶後大目玉焼き」 …星
 「古き良き親父」という表現をしたが、間違いだった。
 古今東西筆者の知る限り、目からレーザーを出す親父はいないと思う。


村紗 水蜜

特筆すべきは、巨大な錨【いかり】弾。
また水しぶきを模したであろう菱形弾を多用する。
通常弾幕は手に持つ柄杓から水を撒くように行う。

転覆「道連れアンカー」 …星
 巨大な錨弾を自機狙いで発射、錨の軌跡からは弾幕が放射される。
 しかも錨弾は弾兼使い魔として使用されるため、
 発射され画面端で止まった錨弾は再び彼女の手元に引き寄せられる。
 画面端で錨弾が着弾した際には、菱形弾(水しぶき)が上がる。

転覆「沈没アンカー」 …星
 ちなみに英訳はanchor【錨】であり、狭義の意味では
 一般に錨と呼ばれている物のうち、
 自身の形状が水底に刺さることで抵抗力を生み出し、
 船舶等を水上の一定範囲に止めておく種類の物を言う。

転覆「撃沈アンカー」 …星
 錨の用途には、他船舶に投げつけ撃沈させるといったものは無い。

溺符「ディープヴォーテックス」 "Deep Vortex" …星
 deep【深い】vortex【渦】の意。
 海上に現れる『渦潮』をイメージした弾幕。
 自機を中心に放射状に弾幕が配置される。

溺符「シンカブルヴォーテックス」 "Sinkable Vortex" …星
 sinkable【沈む】vortex【渦】の意。
 渦潮に飲まれ、海中深くへ沈んでいく様子を表したか。

湊符「ファントムシップハーバー」 "Phantom Ship Harbor" …星
 phantom ship【幽霊船】harbor【港】の意。
 錨弾を放射状に奇数弾で放つ。
 湊に船を停め錨を下ろす様子を表しているのか。
 豪快すぎて波止場が壊れそうである。

湊符「幽霊船の港」 …星
 下位スペルの邦訳と同名。

湊符「幽霊船永久停泊」 …星

「シンカーゴースト」 "Sinker Ghost" …星
 sinker【おもり】とは、一般に錨と呼ばれている物のうち、
 自身の自重によって抵抗力を生み出し、船舶等を水上の一定範囲に
 止めておく種類の物を言う。
 「錘【おもり】の幽霊」との意訳から、船を沈める『船幽霊』を表すのか。
 耐久スペルで、彼女が虚ろに出たり消えたりしつつ迫ってくる。

幽霊「忍び寄る柄杓」 …星
 『船幽霊』が元。
 海中から「柄杓をよこせ」と声がかかり、その通りに柄杓を海に投げ入れると
 柄杓を持った手が海から次々と現れ、船の中に水を入れ始め、沈没させてしまう。
 これを防ぐためには、底を抜いた柄杓を投げ入れると良いとされる。
 だがそんな手は対策済みだ、と言わんばかりに、
 彼女はすでに柄杓を持っている。


寅丸 星

『正義』『法』『光』が主なモチーフ。
また毘沙門天の代理という立場上、仏教的なスペルも見られる。
レーザー、非直線レーザー(通称・へにょりレーザー)を多用する。

宝塔「レイディアントトレジャー」 "Radiant Treasure" …星
 radiant【光り輝く】treasure【宝物】の意。
 ナズーリンの宝塔「グレイテストトレジャー」の上位スペル。
 彼女の持ち物である仏宝『毘沙門天の宝塔』を使用した弾幕。
 宝塔から発する正義の光(レーザー)をイメージした弾幕形状。

宝塔「レイディアントトレジャーガン」 "Radiant Treasure Gun" …星
 下位スペルの弾幕パターンにレーザーが加わった。
 セガ発売の縦スクロールシューティングゲーム『レイディアントシルバーガン』が元。

光符「アブソリュートジャスティス」 "Absolute Justice" …星
 absolute【絶対的な】justice【正義】の意。
 縦方向に幾条ものレーザーを放ち、弾幕を放つ。

光符「正義の威光」 …星
 「虎の威を借る狐」という話があるが、
 今回は毘沙門天の威光を正式に借りた寅である。
 とは言え、四季映姫の様に絶対的に一方向からの正義ではなく
 個々人の内にある正義を試すというスタンスの模様。

法力「至宝の独鈷杵」 …星
 『独鈷杵【どっこしょ】』とは、仏教の法具の一種。
 一般的には『金剛杵【こんごうしょ】』と呼ばれる法具の一種の中でも
 「柄の上下に槍状の刃が一つずつ付いた形状」のものを特にこう呼ぶ。
 ただし、毘沙門天の三昧耶形(諸尊毎の象徴)では無い。
 弾幕形状は、彼女を中心として一方向とその反対方向に
 それぞれレーザーを放ち、これを一対で独鈷杵に見立てている。
 その独鈷杵レーザーをさらに複数出して回転させるというパターン。

法灯「隙間無い法の独鈷杵」 …星
 「法灯」は「宝塔」に掛かっている。

光符「浄化の魔」 …星
 横方向に幾条ものレーザーを放ち、レーザーを弾幕化させてばら撒く。
 「魔」を「浄化させる」のではなく、「浄化させる」「魔」なのである。
 妖怪が浄化を行うその姿は、
 妖怪も神もみな同じという白蓮の思想を反映している。

「コンプリートクラリフィケイション」 "Complete Clarification" …星
 complete【完全な】clarification【浄化】の意。


聖 白蓮

魔法使いということで、それっぽい名前のスペルが多い。
第1スペル終了後、4つの砲台(使い魔)を有する蓮の花をモチーフにした
背景エフェクトが発生する。
魔界繋がりでか、旧作『東方怪綺談』で神綺が使用したものと酷似した弾幕を放つ。

魔法「紫雲のオーメン」 …星
 『紫雲』とは、仏教浄土宗において、仏が往生する信徒を迎えに来る『来迎』
 の際に乗って来るものとされる文字通り紫色の雲。
 また、紫の雲は瑞相(めでたいことの予兆となる現象)の一つともされているが、
 五色の雲とか彩雲(虹色の雲)などの方が一般的かもしれない。
 また、omen【前兆】の意。(本来は不吉な前兆の意。)
 つまり「これからめでたいことが起こる前兆である紫の雲を呼ぶ魔法」
 というところか。
 「めでたいこと」そのものを魔法で起こさないのかと言いたくなる。

吉兆「紫の雲路」 …星
 弾幕形状は、別形状別速度の2種弾幕を斜め放射させるもの。
 紫色に発光する丸弾の連弾が雲のスジにも見える。

吉兆「極楽の紫の雲路」 …星

魔法「魔界蝶の妖香」 …星
 蝶弾幕を発する攻撃パターン。

魔法「マジックバタフライ」 "Magic Butterfly" …星
 【魔法蝶】の意。

光魔「スターメイルシュトロム」 "Star Maelstrom" …星
 star【星の】maelstrom【大渦巻】の意。
 へにょりレーザーの乱舞に加え星弾の自機狙いによる攻撃。

光魔「魔法銀河系」 …星

大魔法「魔神復誦」 …星
 『復誦』は「何度も繰り返し読む、唱える」ことの意。
 その弾幕パターンは、旧作『東方怪綺談』で神綺が使用した弾幕(最後から2番目のもの)
 と酷似……というか殆どそのままである。
 つまりスペル名の意味としては
 「魔界神が唱えた大魔法を再び唱える」となるのだろう。
 神綺と面識がある、等が推測(妄想)される。

「聖尼公のエア巻物」 …星
 「その行動を行うに当たり必要となる対象や道具を用いず、
  その行動をさも実際に行っているかのように振る舞う動作をすること」
 を俗に「エア○○」(○○にはその行動の名称が入る)と呼ぶ。
 ギターを弾くマネをする「エアギター」などがその一例。
 となるとエア巻物とは……さも巻物があるかのように振る舞うことか。
 しかし、そこは聖なる尼僧・聖白蓮。
 彼女の軌跡にはまるで巻物が開かれたかのような弾幕が発生する。

超人「聖白蓮」 …星
 八雲藍の超人「飛翔役小角」と符名の発想は同じ。
 様々な奇跡を起こした人間は超人と呼ばれ、崇められるか、
 もしくは迫害される。

飛鉢「フライングファンタスティカ」 "Flying Fantastica" …星
 flying【空飛ぶ】fantastica【幻想的な】の意。
 符名の『飛鉢』とは、彼女の元ネタである国宝『信貴山縁起絵巻』で
 彼女の弟・命蓮上人が行った秘法『飛鉢【ひはつ】法』に由来する。
 『飛鉢法』とは、法力(もしくは仙術)にて金属の鉢を自在に空に飛ばし、
 遠隔地で托鉢を行ったり、荷物の上げ降ろしなどさせることができるという。
 もはや魔法使いに近い所業とも思えるが、
 ラスボスの最終スペルにしては地味な印象は否めない。
 しかしその弾幕は非常に美麗。

飛鉢「伝説の飛空円盤」 …星
 確かに、円形の鉢が空を飛んでいれば「飛空円盤」だろう。
 そこに着目することに、本作のUFOとの繋がりが見えてくる。


封獣 ぬえ

自身の姿を隠す黒雲やレーザーと弾の形を“交互に”繰り返す
「キメラ弾」といった鵺【ぬえ】的な攻撃と、
UFO型使い魔を使用する攻撃とに大別される。

妖雲「平安のダーククラウド」 …星
 書物に残る平安京の鵺退治の逸話では、
 辺りを突然黒い煙(雲)が多い始め、その黒煙目がけて矢を放ち
 化け物を射落とした──というストーリーとなっている。
 彼女は正体を隠そうとするのが基本なのだろう。
 その弾幕形状は、彼女の周囲に黒雲を発生させ姿を隠し
 レーザーや弾幕を放つというもの。

正体不明「忿怒のレッドUFO襲来」 …星
 赤いUFOを使い魔にして弾幕を張る。
 UFOに見えているのは「UFOと認識してる」からであり、
 実際に彼女がどんな形のモノを使い魔にしているのかは不明。

鵺符「鵺的スネークショー」 …星
 言い伝えでは、鵺の正体の特徴に「尾が蛇」というものがある。
 蛇に見立てた緑色のへにょりレーザーを放つ攻撃。

正体不明「哀愁のブルーUFO襲来」 …星
 青いUFOを使い魔にして弾幕を張る。

鵺符「弾幕キメラ」 …星
 『キメラ』とは『キマイラ』とも言う、ギリシア神話に登場する怪物のこと。
 その姿は「ライオンの頭、ヤギの胴体、蛇の尾」であるとされており、
 その知名度から創作作品における「多種類の生物の特徴を併せ持つ怪物」
 を表す一般名称にも使われる。
 そういう意味では、鵺もまた日本のキメラと言えるだろう。
 その弾幕形状は、レーザー→丸弾→レーザーという弾の変化を
 “交互に繰り返す”という「キメラ弾」を使用する。

正体不明「義心のグリーンUFO襲来」 …星
 緑色のUFOを使い魔にして弾幕を張る。

鵺符「アンディファインドダークネス」 "Undefined Darkness" …星
 undefined【正体不明な】darkness【闇】の意。
 またもや彼女は黒雲に包まれ、自機狙いで追跡をしてくる。

正体不明「恐怖の虹色UFO襲来」 …星
 赤・青・緑のUFOを一つずつ取った際に出現する虹色のUFO
 を使い魔にして弾幕を張る。

「平安京の悪夢」 …星
 レーザー形状と丸弾形状の交互変化を繰り返す「キメラ弾」の全範囲攻撃。
 格子状のレーザーは平安京を表しているのか?

恨弓「源三位頼政の弓」 …星
 平安京の鵺退治の逸話に登場する、鵺を射落とした武将
 『源(三位)頼政』が元。
 彼女が放つ無数の矢(レーザー)は弾幕と化す。
 萃香もそうだが、妖怪の中には、自身を退治したという伝説を
 あえて弾幕名にしている者がいる。
 「ここにちゃんと生きているぞー。」という
 人間への嘲りなのだろうか。


inserted by FC2 system